アトピー 料理

冷蔵庫の残り野菜で焼きそば

投稿日:2023年10月25日 更新日:

アトピー対策中ですが、すでに回復してきているので、お肉と炭水化物を解禁して冷蔵庫の残り野菜の処理をします。
(肉と、炭水化物の多い穀類は、私の場合かゆみや患部からの汁が誘発されるのでアトピーが重くなってきた時は避けるようにしています)

焼きそばにすると野菜がたくさんおいしく食べられますね。

サラダの方でアトピー対策に対応しています。
生の葉物野菜のサラダは個人的にはかなりおすすめです。
手のひらいっぱいの生の葉物野菜を食べている人はそうでない人より幸福感を感じるようになるそうですし、腸環境を整えることが分かっています(潰瘍性大腸炎では食物繊維が腸を傷つけるという考えから日本ではNGとされていましたが、海外では腸にいい効果があることが分かってきたことからその考えは撤廃されています。そのことを知って毎日サラダを食べて、医師に治らない病気と言われた潰瘍性大腸炎を克服しました)

しらすも残っていたので普段はこんなにたくさんは入れませんが使いきりました。しらすは魚ですし、タンパク質がたくさんとれていいですね。サラダもとても食べやすくなります。

-アトピー, 料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

しめじ白くなっても食べられる

冷蔵庫の中で、しめじが白くなってしまっていました。もう食べられないかと思いましたが、そんなに前に買ったものでもないし、軸もかさもしっかりしていて元気そうなので、本当にもうだめなのか、調べてみました。す …

no image

アトピーと食事のモチベーション

最近ようやく落ち着いてきましたが、季節の変わり目でアトピー悪化しやすかったですね私も目がかゆくなったり、マスクが蒸れて口の周りが少し肌荒れしたりしましたそういうふうに症状が出てくると、生活面を改善しな …

no image

老化は慢性炎症の持続

ちょっと、メモです。 老化した細胞が炎症を起こす(?) 肌老化は慢性炎症(?) アトピーがひどかった頃、ゴワゴワになった皮膚を見て、まだ10代なのに老人みたいだなあと思っていました。 治癒して水を弾く …

やよい軒

茨城県つくば市の「やよい軒」に行ってきました。 忙しいときや疲れた時には、外食は便利ですよね。サバ定食にすると、お魚が食べられてアトピー的にはダメージ少なめにすませることができます。 とはいえ、アトピ …

アトピー対策3日目

鮭、チンゲンサイ、もやし、しょうがでタジン鍋。まずはチンゲンサイの根の部分を入れて加熱。 しばらく加熱したら、モヤシとチンゲンサイの葉の部分を加えます。 最後に卵を落として好みの固さになるまで加熱しま …